大事に育てようと水やりをやってたら、枯れちゃったんだけど…

S__17063949  S__17063942

アンスリウムを初めて家に置かれた方から送られてきた写真です。
「大事に育てようと思って水やりをまめにしてたんだけど…」とのこと。
結局水やりのし過ぎだと判明しましたが、この声をお持ちの方は他にもおられるのではないでしょうか?
そこで、水やりのヒントをこちらのページで解説していきます。
アンスリウムは「買った後の育てる喜び」を感じていただきたい植物です。
ぜひ参考にしてみてください。

【注意】
 本ページのやり方は「湖東のアンス」に向けたものです。

 アンスリウムは作り方によって管理方法がかなり異なります。
 アンスリウムなら何でもこのやり方で良い!というわけではありません。

 その点ご了承ください。

アンスの前知識

アンスリウムは他の植物と異なり、以下のポイントを押さえる必要があります。

①水やりは「思い出した時にたっぷりやる」くらいの頻度で良い
 アンスリウムはジャングルの木々に「気根」という根を伸ばし、絡ませることで自身を支えています。
 そのため、元々水が豊富な場所に生息していません。
 水が多少無くてもすぐには枯れないので、「あ、水やり忘れてた!」くらいのタイミングでOKです。

②直射日光はNG!でもある程度の明るさは必要
 アンスリウムは半陰性植物で、明るすぎる場所は好みません。
 家の外や窓際の日差しガンガンの場所はNGです。
 とはいえ、植物ですから光が無いと花が咲きません。
 玄関や廊下ではなく、窓際のレースカーテン越しがオススメです。

水やりのヒント

S__16924798 S__16924801
今回シエラの6寸鉢を使って解説していきます。
見た目と、鉢中の土の色はこんな感じです。
土の色は、水をしっかり含んで黒くなっています。

指で触ると土が少し指につきます。

光環境は約9,060luxの照度、温度環境は最高/最低が32/22℃くらいです。
曇りの日の午前中の外の明るさだと思ってください。
ご自宅だと、日中の窓際のレースカーテン越しで近い明るさになります。

S__16924805
4日後の土の様子。
徐々に土の表面が乾いてきましたが、まだ水はやりません。

S__16924806
さらに2日後の土の様子。
だいぶ土が白っぽくなってきました。
手で鉢を持つとかなり軽くなっています。
ここでようやく水のやり時です。

S__17063955
中容器の縁スレスレまで水をやります。
これを2回くらい繰り返すと、土がかなりの水を含んでくれます。
ちなみに、この鉢だと水やり前後で500gくらい重さが変わります。
それくらいたっぷりやってあげて良いということですね!
鉢の底から水が垂れてくるので、水やりの場所や受け皿に注意してください。

S__17063957
水を含んでまた黒くなった土の写真です。
鉢もずっしり重くなりました。
こんな感じで土の色を見ながらやるとわかりやすいかと思います。

なお、今回は当園のハウスにある隔離スペースで管理しました。
夏場かつ比較的アンスに好適な当園環境でも、6日は間を空けて水やりをしています。
ご自宅なら10日以上は水やりをしなくて良いくらいです。
とはいえ、日数にかかわらず土の乾き具合を見て水やりを行うことは必要です。

アンスその後

S__17063961
実験開始から約1ヶ月後の様子です。
花が2個、葉は2枚程度、枯れずに増えています。
これくらいの間隔でやってもらえればOKです。

image-10
実験開始から約3ヶ月後の様子です。
支柱で草姿を整えていないので形はいびつですが、赤色の花はだいたい15個くらいになりました。

image-11
水やりを忘れてしまった時があったので、下位の花が3枚程度黄色く枯れてしまいました。
水やりをずっとせず土がカラカラになると、葉が黄変して枯れていきます。
株自体は元気なので、問題無しですね。

【参考】水のやりすぎが原因で枯れる花の特徴

image-12
水やりすぎによる根腐れが原因で枯れる場合、赤色が紫色っぽく変色した後に茶色くなって枯れていきます。
水不足で枯れる場合は株元の古い花から順番に黄色く枯れていきます。
枯れ方にも違いが出てきますので、水やり頻度の参考にされると良いかと思います。

もっと目に見える目安が欲しい方はコレ

S__17063963 S__17063964

「土の色をいちいち見るのはめんどくさい!」
という方へはこの水分計がおすすめです。

サスティーを使えば、水分計の色が白くなったタイミングでたっぷり水をあげればOK。
水をあげればまた青色に戻ります。